オープンハウス・ダブリン - 週末を彩る無料ツアー

今週末、やることが無いですか?

オープンハウス・ダブリンは、ダブリンで最も歴史的、近代的で興味深い建築物の内部を無料で覗ける貴重な機会を提供しています!100以上のイベントが開催されます。 ここでは、私たちが選んだ「必見」トップ5をご紹介します。

マンションハウス
マンションハウス (ダブリン)
マンションハウス (ダブリン)

過去301年間にわたり使われている、ダブリン市長の公邸! 歴史的なオーク ルーム、ダイニング ルーム、その他のパブリック ルームを見ることができます。 マンションハウスは、ダブリンの歴史やアイルランド独立までの道のりの中で、数々の有名な出来事の舞台となってきました。 ヴィクトリア女王やネルソン・マンデラなどの要人が訪れたほか、ダブリン市名誉自由の授与などの重要な市民行事もここで行われれてきました。

旧ペンブローク市庁舎とボールブリッジの建築・歴史ツアー
旧ペンブローク市庁舎
旧ペンブローク市庁舎

1880年に建てられたペンブローク市庁舎は、エドワード・ヘンリー・カーソンによって設計されました。 ダブリン市教育訓練委員会は、演劇、音楽、展示など1916年を記念する週末のイベントの一環として、建物とその周辺の建築ツアーを開催しています。

ジョージアン・タウンハウス
ジョージアン・タウンハウス
ジョージアン・タウンハウス

ユースタス・ストリート25番地は、ハンサムなジョージアン様式のタウンハウスで、18世紀初頭に建てられた邸宅の中でも、当時のまま現存する数少ない邸宅のひとつです。 特徴的なインテリアは、背が高く細長いプロポーション、パネル張りの内装、オリジナルのボレクションパネルの階段が特徴です。邸宅全体を通して感じられるのは、ジョージ王朝初期の質素さと慎ましさである。 邸宅全体を通して感じられるのは、ジョージ王朝初期の質素さと謙虚な雰囲気です。当時の雰囲気を忠実に再現しているにもかかわらず、一部の人々には倹約的であると見えるようです。

アベイ座
アベイ座
アベイ座

アベイ座はアイルランドの国立劇場です。アベイ座は、多様で、魅力的で、革新的なアイルランド国内外の演劇の年間プログラムをプロデュースし、アイルランドの新人作家やアーティストへの投資とプロモーションを行っています。 このツアーでは、アビーのホワイエ、オーディトリアム、イェーツ・ラウンジ、リハーサル・ルームが登場します。

AIRBNB
ハノーバーキーにあるAirbnb倉庫
ハノーバーキーにあるAirbnb倉庫

Airbnbを知らない人はいないでしょう。 ハノーバー・キーにあるAirbnbの新しい倉庫は、慎重に修復・改装された、建築的にも歴史的にも魅力を備えた建物です。 中の会議室は、実際にAirbnbのウェブサイトに掲載されている物件を再現したものです!

これらのツアーはすべて無料で、先着順です。 ぜひ会場に足を運んで、オープン・ハウス・ダブリンのボランティアに声をかけてください 開催日時などの詳細は、オープンハウスの 公式ウェブサイトをご覧ください。

楽しい体験ができることを願っています!それでは!